トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

とんこ

Tonko1

Tonko2

守山SAでGET!
見た目は魚肉ソーセージだが、ポークウインナー明宝ハムのその名も「とんこ」。
プリティーです。

魚肉ソーセージで思い出しましたが、魚肉ソーセージは魚が原材料であることを知ったのは大人になってからです。それまで、肉だーと思ってうはうは言って食べていました。

最近ではギョニソーと短縮形で言うこともあるようです。ちょっと違和感がある言葉ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月30日 (木)

細い家

Kurohosoiie_1出張先にて撮影。

真っ黒な建物の周りに、真っ黒な木枠で囲んでいます。

謎!

横から見ると窓の感じから四階建てと推測されます。
意外と奥行きもありません。

鉄骨であればこういったサイズの建物もありと思いますが、木造って珍しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月29日 (水)

魚たちのバナー

山の中の貯水池を散歩しているとこのようなものが・・

「自分の
ゴミは
持ち
帰る
事!!
池の魚
たちより」Jubunnogomi_banner

なんと魚たちのbannerがありました。

本当に魚たちが書いていたらすごい。

というか、bannerの素材自体もゴミなのでは?

という疑問もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

救霊について

ワールドメイトでお取次ぎする救霊について

以前テレビで見たのですが、いかにも厳しい修行を積んだお坊さんが除霊を行っていました。
エィ!
すごい気合で一瞬で終わりました。

ワールドメイトの救霊も、受ける人から霊を取るという点では同じですが、内容がまったく違います。
人に憑いている良くない霊に対して語りかけ、改心してもらい、本来いるべき霊界に帰っていただくのです。そのためお取次ぎも一時間から二時間かかることが普通です。時間かかりますね。(^^;

たとえでいうと北風と太陽の寓話のようであります。

■一般的な除霊は北風。
行者さんの気合と念力で霊を払います。霊も怖いので一時はどこかにいなくなりますが、しばらくすると戻ってきます。

■ワールドメイトの救霊は太陽
まず、救霊師さんが神様、仏様をお呼びして、これらの神様仏様と一体となりお取次ぎをします。
そして霊の痛みとか苦しみを取り除いてもらい、霊界の法則や、どうして成仏できないかを説明し、霊が納得して、本来いるべきところに帰っていきます。
霊が納得し、改心しているゆえに、後から戻ってくるということがないのです。
すなわち、救霊を受けた人も、霊自身もハッピー。

どちらがよいと思いますか?

たぶんお玉串 (たまぐし - ひらたくいうと料金のこと)  も 相場 (ってあるのかな) に比べるとすごく安いんじゃないかと思います。
会員でなくても申し込めます。

救霊に興味があればぜひご一読を

Book 大除霊―瞬間に開運できる

著者:深見 東州
販売元:たちばな出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

その昔救霊は除霊と呼んでいましたが、後になって霊を取り除くのではなく救済するので救霊と呼ぶようになったようです。本のタイトルは大除霊とありますが、これはそのときの名前の名残だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月26日 (日)

絵本

子供を持ってよかったと思うことの一つに絵本を読めるようになったことがあります。
これがまた多彩で、さまざまな絵本があるんです。
海外の絵本でもエリックカールとかよいものがありますが、日本の絵本が質、量ともにすばらしいレベルにあるのではないかと思っています。(海外にいって比較してわけではない。あくまで日本に住んでいての実感)

どの育児の本を読んでも読み聞かせの大切さを強調しているので、本を読んであげるわけですが、私が読んでいて楽しい絵本もあれば、何でこんな絵本がいいんだというものもたくさんあります。
私と子供がともに楽しめればハッピー。

子供も私も楽しめた絵本として長新太の絵本がよかった。

ぼくのくれよん ぼくのくれよん

著者:長 新太
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

初めて長新太の絵本を読んだときは子供が描いているかと勘違いしていました。絵を描く発想が大人ならこうは描かないだろう、せりふもこうは考えないだろうと思ったからです。
絵本のなかには子供に友情とか分かち合うことのすばらしさを説いてるものもたくさんありますが、長新太の絵本はそういうのではなく、とにかく子供の気持ちでひたすらひたすら遊んでいるように物語が進んでいきます。

この本は象がクレヨンでいろいろな絵を書く物語ですが、絵本自体もクレヨンで鮮やかに描かれています。たくさんの動物たちが出てきますが、小さい小鳥なども丁寧に描かれています。

最後にライオンが出てきますが、小泉首相にそっくり。

しばらくは私が読んであげていたのですが、そのうち子供が覚えてしまい、私に読み聞かせしてくれるようになりました。私が読むと怒り出し、私から絵本を取り上げて読みます。といっても自分だけで読むのではなく、私をつき合わせるので、ちょっと苦痛(^^;

長新太は膨大な数の絵本を描いています。キャベツ君やライオンシリーズなんかもよいですが、私としてはこの本が最高です。

大きいサイズの絵本も図書館で見ました。ああいうものも売っているのかな?

最近お亡くなりになったとのこと。ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月25日 (土)

総合祈願2006年3月度

ワールドメイトから総合祈願のお下がりの飴が郵送されてきました。

ワールドメイトからきた総合祈願のお下がりの飴

ワールドメイトの各支部では月に一回、総合祈願のお取次ぎをしています。
総合祈願の申し込み書はワールドメイト総本部に送られ、
次の月の月次祭でさらにワールドメイトの神職にお取次ぎをしていただけます。

交通正運も申し込めます。お玉串が若干高いですがオススメですよ。

式階が高いとお札などももらえます。私はちょっとしかお玉串をしなかったので飴だけです(^^)。
この飴はスガダマ飴といって四種類あります。
これは一霊四魂 (いちれいしこん) をあらわします。
一霊四魂とは

  • 奇魂(くしみたま)
  • 和魂(にぎみたま)
  • 幸魂(さきみたま)
  • 荒魂(あらみたま)

  をいいます。

一霊四魂の詳しい説明は深見東州先生が書いたこの本にあります。→大創運―爆発的に運がひらける

そのときそのときに足りない要素の飴が届くそうです。

入会してしばらくは奇魂(くしみたま)ばかりきていました。
最近は和魂(にぎみたま)か荒魂(あらみたま)が多いなぁ。
味としては和魂(にぎみたま)が好きです。

ひょっとして同じ種類の飴しか在庫がないのかとも思い、ほかの申し込んだ人に聞くとそれぞれ違う飴がきています。不思議。

総合祈願は会員でなくても申し込めると思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深見東州定例公演神業3/21

3/21に行われた深見東州定例公演神業に参加しました。

内容はここでは明かせませんが、待つだけのことはありました。

ちなみに公演で深見東州先生がお勧めしていた本をご紹介。

明治時代の大ベストセラーだそうです。

スマイルズの世界的名著 自助論――深く考える習慣が、自分の限界を破る!    知的生きかた文庫 スマイルズの世界的名著 自助論――深く考える習慣が、自分の限界を破る! 知的生きかた文庫

著者:サミュエル スマイルズ
販売元:三笠書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月24日 (金)

笑うぎょーざ屋

出張先の近所で不思議な看板を見つけました。
妙にインパクトがあります。

Waraugyoza

笑うのが誰なのかも気になります。
絵の中の人が店長?
確かに笑っていますが、微笑むといった感じかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月23日 (木)

あやまって~に落ちる

子供のころテレビで
「あやまって崖から転落しました」
というニュースが流れてきたとき、私は
「謝って崖から転落しました」
ということだと勘違いしていた。

ここからいつも私の妄想が始まる。

Ganpekiimage

崖の淵で向かい合う二人・・・
多分日本海。岩にぶつかる波の音と強風。
1人が深刻な顔で何度もなんども頭を下げて謝っている。
「ごんなさい。ごめんなさい。」
何回も頭を下げているとバランスをくずして崖から落ちていく。
「あ゛ー」
この人は謝ったばかりに崖から落ちてしまった・・・

どんなに自分が悪いことをしても崖なんかで誤っちゃいけないと思っていました。

今でもニュースで「あやまってプラットホームから転落」とか流れると
どうしても子供の頃の妄想が頭によみがえってきます。

皆さん、足場の悪いところでは謝っちゃいけませんよ。危ないから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月21日 (火)

ワイン

台所からワインが出てきました。ワールドメイトからもらったワイン

ラベルの絵の中に

2002 東州 ワイン

と書かれています。

何でもらったのか忘れましたが

ラベルも深見先生が描き、ワインも深見先生が選んだものです。

今晩飲もうか。それともとっておこうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年4月 »