« ラジオ番組 | トップページ | 支部参拝2006年5月度 »

2006年5月21日 (日)

金刀比羅宮参拝

5/17に金刀比羅宮に参拝してきました。

昔・・高校生の修学旅行でこのあたりに来ました。グループ単位の自由行動では金刀比羅宮参拝にいった人も多かったのですが、私たちのグループはなぜか鬼が島へ・・・(しかも私が発案で ^^;)
その頃からピントが外れておりました・・・

金刀比羅オフィシャルホームページ
讃岐金刀比羅宮ホームページ

http://www.konpira.or.jp/

今回金刀比羅宮にいけたのは四国に出張となり、その前後に移動日があったからです。当初帰りがけに寄ろうと計画していましたが、やっぱり出張の安全もお願いしなくては、と考え直し、行きの途中に金刀比羅宮に行きました。
というより、金刀比羅宮に行くついでに出張に行くとノリナオシていきましょう。

琴平駅の改札にもまるきん
琴平駅の改札から○金

琴平駅で列車を降り改札でいきなり○金マークです。

琴平駅でると狛犬が
駅を出たところ

あいにくの雨でしたが、駅をでるといきなり狛犬君がお出迎え。ここはすでに金比羅さんの参道だ!

金刀比羅宮のご祭神は

大物主神、崇徳天皇

♪こんぴらふねふね 
おいてにほかけて 
しゅらしゅしゅ しゅ


の唄のとおり 海の安全の神様として信仰されている神社です。

中野うどん学校
うどんタクシー

昼になっていたのでまず腹ごしらえとも思いましたが参拝が先でしょう。空腹に耐えながら向かいます。中野うどん学校に入学したいけど我慢。

本宮に行くまでに上る階段は1364段・・雨も降っているしタクシーに乗ろうかと考えましたが、やはり苦労していくのが参拝でしょう。歩いていこう。

階段見上げる
まだ先は長いよ

途中のお土産やではうどんのどんぶりに入ったキティーがそのどんぶりのうどんを食べているぬいぐるみがありました。ネコ出汁うどん。

しかし、海の安全の神様がなんでこんなに高いところにいるのでしょうか?瀬戸内海全体を見渡せるように?

プロペラ
オランダ?

お手水のひと
お手水の下の四隅にはつらそうな人が

金刀比羅本宮
金刀比羅宮のご神木

やっと着きました。はあはあ。
このあたりのワールドメイトの人たちもここまで上って参拝するんだろうなぁ。
えらいなぁ。ここにくるだけで極まりそう。

下のおみやげ物があるところの雰囲気とはうってかわり、本宮は大変すがすがしく心が洗われるようです。雨の日でさにら幻想的。

雨の金刀比羅本宮
すごい雨

お賽銭の前で一通りお祈りしてから、受付にご祈祷をお願いします。

申し込んだ式階が低いからかもしれませんが、お札をもらうか、物実(お神酒とか落雁とか)をもらうか選べるシステムです。ふーん。面白いシステムですね。

物実大好きな私は、もちろん物実を選びます。

金刀比羅待合室
待合室の様子(ピンボケ)

待合室では一人でした。今日は平日だし、雨だし参拝者少ないでしょうね。

金刀比羅宮の年開誌こと比ら
金比羅さんの年刊誌「こと比ら」

しばらくすると宮司さんが呼びに来ました。宮司さんの後を大変長い階段をしづしづとすすみ、途中でお清めをして、拝殿に進みます。

歩いていくうちに自然に気が引き締まります。







ご祈祷が終わってお神酒をいただきます。ぐっと力強い、濃い味がしました。




トイレの案内
トイレの宇宙人

ソーラー船
一瞬回天かと思いましたがソーラー船

金刀比羅のおみくじ
おみくじ一番ゲット

ご祈祷がおわり、再び受付へ。おみくじをひきます。
なんと!生まれて二回目の1番です。大吉!良いことしか書いてありません。
現実的にはお客さんに怒られてたりして結構つらいんですけど・・
アウェーでは神様優しいのかな。
近所の神社ではこういうおみくじはまずいただけません。

どうでもいいことですが、おみくじって「神を信心してよし」というコトバが書かれていることが多いですが、「信じなくてもよし」というものはありませんねー(^^;

さぁ。一気に下ります。うどんうどん

金刀比羅宮の籠
いーなー籠

犬用のさぬきうどん
犬用さぬきうどん(赤地に白抜き文字)

かけうどん
かけうどん

行きがけにおばさんが探していたお店が気になったのでその店に入りました。さぬきうどんらしいセルフの店です。

しょうゆうどん
しょうゆうどん


調子に乗ってもういっぱい。

セルフの店といいながら、ほかにお客もいないこともあり、いろいろと世話を焼いてくれます。

二杯目に食べたしょうゆうどんのほうが麺量が多いかも。
もうおなかは小麦粉だらけ。

うまいです。自家製しょうゆ豆もいけます。

西木戸
西木戸

ゲート式参拝
ゲート式ってどんな参拝?

琴平駅
琴平駅

さあホテルに行きましょう。いざ仕事モード

金刀比羅の物実
物実(はし、お神酒、博物館入場券,落雁、御供米)

ホテルについて、物実をチェック。お神酒がプリティーです。

金刀比羅長寿はし
長寿はしも○金マーク

箸は家に帰ったら使いましょう。

たまたま旅のお供に持ってきた深見東州先生の本が「どこまでも強運―どんな人でもたちまち強運になれる 」という本。ぱらぱらとめくるとなんと金比羅さんの話題がでています。

日本新霊界の代表的な神様のお力を紹介しておくことにしよう。

と書いてありました。いろいろな神様の話が出てくるかとおもいきや金比羅さんのみの紹介で、あとは紙面の都合で別の本を読んでほしいとのこと。

ナイス > 俺!
よくぞこの本を持ってきた!

この本によれば

何か自分で新しい分野を切り拓こうとがんばる人は、お参りしてお願いをするといい。

とのこと。

Book どこまでも強運―どんな人でもたちまち強運になれる

著者:深見 東州
販売元:たちばな出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

どこまでも強運
どこまでも強運

|

« ラジオ番組 | トップページ | 支部参拝2006年5月度 »

「ご神業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/72079/1869471

この記事へのトラックバック一覧です: 金刀比羅宮参拝:

» 大物主神 [神話&神々の研究]
大物主神大物主(おおものぬし、大物主大神)は、日本神話に登場する神。大神神社の祭神。別名 三輪明神。古事記によれば、大国主|大国主神とともに国造りを行っていた少彦名神が常世の国へ去り、大国主神がこれからどうやってこの国を造って行けば良いのかと思い悩んでいた時に、海の向こうから光輝いてやってくる神様が...... [続きを読む]

受信: 2006年6月 2日 (金) 16時30分

« ラジオ番組 | トップページ | 支部参拝2006年5月度 »