« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

ブラインドの皆さん

今日「ブラインド(視覚障害者)の皆さん、外へ出てゴルフをしよう! 」を読み終えました。

かんどーしました。

知らない人のために・・
深見東州先生は半田晴久が本名です。
深見東州はペンネーム。昔は深見青山というペンネームでした。

ブラインドゴルフも当初は深見東州(深見青山)の名前で活動されていましたが、いまは半田晴久の名前で活動しているみたいです。

ブラインドゴルフとはその昔「盲人ゴルフ」とも呼ばれておりまして、視覚障害者がキャディーのアシストを得て、健常者とほとんど同じルールでプレーするものです。健常者が障害者を一方的に助けるのではなく、ともに一つの目標に向かって挑戦し、喜びを分かち合うことが画期的な福祉活動です。

深見東州先生、この本では脇役に徹しており、ブラインドゴルフの歴史やブライドゴルファーや女子シニアプロの紹介が中心の本です。

あたかも一つのドキュメンタリー映画を見ているような感じがします。

静かに抑えた語り口で、淡々と事実やエピソードを積み上げていきます。ギャグもきわめて抑え目。何人かのブラインドゴルファーがプレイする様子がありましたが思わず泣いてしまった。

ここまで来るのに約二十年。苦労は視覚障害者を受け入れてくれるゴルフ場の確保ぐらしいか書かれていませんが、いろんな苦労があったと思いますよ。どの世界にも気難しいひとがいるだろうし、そーんなに簡単にはいかないでしょうね。

ブラインド(視覚障害者)の皆さん、外へ出てゴルフをしよう! Book ブラインド(視覚障害者)の皆さん、外へ出てゴルフをしよう!

著者:半田 晴久
販売元:たちばな出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昨年から女子プロのシニアとブラインドゴルフのジョイントイベントが行われているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

納税相談

市か税務署より無料の納税相談の案内が来ました。

新規開業した事業主に対して来年の確定申告まで、担当の税理士さんが付いて何度か指導していただけるそうです。

しばらくすると電話がありました。担当の税理士さんのようです。

で、いってきました。会計事務所とやらに。

事務所に入ると一人だけ。その税理士さんでしょう。

担当の税理士さんはとても優しそう&謙虚。

とりあえず税理士さんには昨年の報告を。

とにかく去年は開業はしたものの準備だけだったのでマイナス。税金の還付を受けるために、青色の簡易簿記で申告したことを告げました。そのあといろいろとアドバイスがありました。一応列挙するとこんな感じ・・

  • 私に指導することにより、市からお金をもらっているらしい。
  • お役所からの指示なので、理解とか進捗にかかわらず決められた回数の指導をしなくてはいけないらしい。
  • どうやら青色申告の複式簿記にすると簡易簿記より20万円くらいオトクらしい。
  • 複式簿記の場合現金出納帳が必要。
  • 売り上げの計算は現金が動いた時ではないので注意。
  • さらに〆を20日にしているが、年末は21日から月末までの売り上げも計上。
  • 会社勤めの人に仕事を出す場合にはいろいろと面倒なことがある。
  • 専従者はあらかじめ申請しなくてはならない。
  • 自分の車で使ったガソリン代などの経費は事業用として使っている割合で経費とするらしい。
  • 消費税については、まだ免税期間なので納めなくてよい。
  • 消費税はいちいち計算するのではなく 売り上げの2.5%で納める方法があるらしい。
  • 今年の売り上げが一千万円超えると平成20年から消費税を納めなくてはならない。
  • パソコンの会計ソフトをいくつか紹介されました。

いまいち理解していないのでここに書いたのが正しいか自信がありませんが、まあこんなところです。

Horaiso2

ワールドメイトの鹿島神業の会場で、あまり会わない支部の人にばったり会いました。そこでは、なぜか青色申告の複式簿記にするとよいといわれたことを思い出しました。

パソコンでやると一発だそうです。ほかにもいろいろと話すことはありそうなのにその話だけしてその場では別れました。これも守護霊メッセージ?

納税まで数回指導いただけるようですので、分かったことをメモしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

深見東州先生の本との出合い

深見東州先生の本にはじめて出会ったのは20歳のとき。

もーかれこれ20年前のことでした。

その頃は営業の仕事をやっていたのですが、勤めていた営業所の所長に

「私はこの本で救われたんだよ。これを読みなさい」

と二冊の本を強制的に読まされました。

私はこの会社に入社したばかりで、その前は製造業に勤めていました。

この営業所。壁に「胃腸が丈夫になる」マークほかいろいろな不思議なマークが張ってあったり。所長が突然「ハルチ・ウムチ・ツヅチ!」と叫んだり。なんか変なところでした。

営業の会社ってこんなもんだろうと思っていたのですが、どうも、貸してくれた本の影響のようです。

この本は深見青山(当時)著「強運―ツキを呼び込む四原則 あなたの運がドンドンよくなる 」と「あなたを成功させる 大金運

胃腸が丈夫になるロゴマークは強運の付録をコピーしたものでした。「ハルチ・ウムチ・ツヅチ!」も強運で紹介されているパワーコールです。

私が入社する直前に全国のキャンペーンで、この営業所がトップの成績だったようです。所長いわく、この本のおかげだそうです。その前はめちゃくちゃ成績が悪くて死のうかと思っていたとのこと。大げさですね (^^;)
この本読んで営業所にロゴマーク貼って、パワーコールを唱えてがんばっていたんでしょう。

当時この本はたちばな出版ではなく別の出版社から出ていました。イラストも今の本と違います。

まだ、本には著者の写真は載っていなかったので50歳くらいの人が書いているかと思っていましたが、35歳くらいで書いているんですね。この本。後々知りました。

当時は想念術みたいなことをやっていて、神仏には心が向いていなかったこともあり、ふーん掃除って大切ねというぐらいの感想しか持ちませんでした。

ほかにも 営業所にはPJMのテープとか、開運書のたぐいが何冊かありまして、空き時間に読んでいましたが、強運が一番読みやすいと感じ、何回か読んだことを覚えています。

強運―ツキを呼び込む四原則 あなたの運がドンドンよくなる Book 強運―ツキを呼び込む四原則 あなたの運がドンドンよくなる

著者:深見 東州
販売元:たちばな出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Book あなたを成功させる 大金運

著者:深見 東州
販売元:たちばな出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月28日 (金)

綱引きリール

子供の運動会に参加。最近は体育館でやるんですねぇ。運動会。

そこで綱引きのリールなるものを発見。はじめてみました。

Tunahiki_reel

アシックスだ。

Tunahiki_renmei

日本綱引連盟 http://www.tugofwar.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

インナースキャン

最近 体組成計を購入。いわゆる体脂肪計です。

インターネットで検索するとTANITAが評判がよろしいようでこれにしました。

TANITA インナースキャン 体組成計 ホワイト BC-526-WH Kitchen TANITA インナースキャン 体組成計 ホワイト BC-526-WH

販売元:タニタ
発売日:2004/10/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

100g単位で計れるし、何回計測しても安定しています。

女性にはダイエットの時期をお知らせしてくれたりして、かなり高性能です。
どうも女性にはダイエットに向いている時期と、ダイエットしても効果があまりない時期があるようです。

その他計れる項目は

  • 体重
  • 体脂肪率
  • 基礎代謝
  • 内臓脂肪
  • 筋骨量

一応体内年齢も出ます。これってかなり若く出ちゃったんだけど、喜ばせるためのサービスかなぁ

知らない間に進歩するのね。

妻は私より体脂肪率がかなり高かったのがショックだったようです。

男と女では違うだろうといっていますが、私の腹を見た限りでは納得できないようです。(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月26日 (水)

鹿島参加の物実

鹿島神業に参加したらクリップメジャーナイフをもらいました。

ワールドメイトでもらった物実

裏面の説明書きには

  • クリップ又はしおりとして
  • ペーパーナイフとして
  • メジャーとして

使えると書いてあります。

「参加記念
2006 神力示現 鹿嶋海原びらき大神事」]

と文字が彫ってありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

鹿島神業での変化

今年の鹿島神業で、神事会場の変化

  • 小学校高学年か中学生のご奉仕が登場。会場の案内などをしていました。
  • 子供の遊び場がさらに充実。ブランコとかシーソーなんかもあり、多数の子供が遊んでいました。
  • バリアフリータイプのトイレが登場(伊勢でもあったかな?)

鹿島灘
鹿島灘

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

祈祷会の帰り

ワールドメイトの神徳祈祷会(しんとくきとうえ)に参加してきた帰りです。

今日はアメジスト祈祷会など三つの祈祷会が行われました。

鹿島の反動でしょうか?支部では参加者が多くありませんでした。(^^;

深見東州先生が出てきたときにめちゃくちゃ眠くなり、気がついたらご祈祷は終わってました。いつもどおり情けないです。

昔は複数の祈祷会をする場合は祈祷ごとに参加者の入れ替えを行っていましたが、入れ替えの際にどうしても気が乱れるので、最近は入れ替えを行わずに一気にお取次ぎをします。

三つ行われた祈祷会のうち二つに申し込んだのですが、申し込んでいない祈祷会のご神徳もちょっといただけるとのこと。

Horaiso

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

産土さん

今日産土神社に正式参拝。

鹿島神業が20日まであったので、やっと参拝できます。

本当は支部でおこなう団体参拝に参加したいのですが、スケジュールがあいません。

やむなく家族で参拝。

小さい神社ではありますが、宮司さんの心のこもったご祈祷をしていただきました。

Yudanhato
神社の鳩。油断しすぎ

で、おみくじは「吉」

曰く

このみくじにあたる人は、暗夜より月夜になるがごとく、心のうれい、とけさつてよろこびごとに逢うなり但しおよそ月もみつるときはかくるるなり、・・・

なるほどぉ。もう少ししたら喜びごとがくるけど満月はやがて欠けるが如しなのね。




参拝のあとは近所にある昔ながらの甘味どころで直会。

Kinakodango
だんご(きなこ、しょうゆ)

Fruitskakigori
フルーツイチゴミルク

Ugimachakakigori
宇治抹茶(小豆は底)

(゚Д゚)ウマー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿島神宮

7月1日

鹿島の神事会場へは支部から出るバスで参加しました。

Kashimachikaku
バスの車窓より

利根川とか、このあたりの景色を見ると鹿島に来たなぁと実感。

Kashimatorii

Kashimamon

鹿島神宮の拝殿の前では、ワールドメイトの人がうじゃうじゃいて熱心にお祈りしていました。

妻がみんなと同じようにお祈りをしている間、私は子供を見ていたのでお祈りできませんでした。なにしろここにきたら団子を食べないといけません。バスの集合時間まで時間がないぞ。急げ急げ。

Kashimashika
鹿島神宮の鹿

妻のお祈りの間、子供がぐずったので、鹿を見せました。

初めて鹿を見てびっくりしていました。

Shika_yagi

本当は奥宮とか要石とかあるんですが、省略。団子第一

団子も久しぶりです。

以前お団子屋さんには深見東州先生直筆の色紙が飾ってあったのですが、今日はありませんでした。

そのほか、以前は神事の当日、団子屋にワールドメイトの鹿島神業のポスターが貼ってあったりしました。そのほうがその日の団子屋さんのお客が増えるので(^^;
でも、今回は貼ってありませんでした。

団子は三種類あるのですが、新たに一本の串に三種類の団子が刺さっているタイプがありました。

では、ワールドメイトの神事会場へ



■今日の生ぬるい悟り

鹿って目がヤギとおなじなんだぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

やっとおわった Kashima

鹿嶋



終わりました。



7月1日から始まって昨日まで・・・・




長いス (^^;



私は最初の二日間は現地で参加しましたが、後は近くにあるワールドメイトの支部に通い、衛星放送で参加しました。

昼間は仕事して、夜は支部。子供つれて・・子供は支部で寝てるだけですが。

まーとにかく、終わってよかったです。

20日間の衛星放送の費用とか、現地の椅子とかテントのレンタル代とかものすごい費用がかかっているのではと思いますが、どうなっているのでしょうか?

大丈夫? > ワールドメイトさん

ごく少数ですが、最初から最後まで

ずーっと現地で20日間

居続けた方がいます。鹿島灘の浜辺にですよ。

神事会場にシャワーとかあるから体はいいけど、服はそのままでしょうか?

洗っても干せないし。パンツとか

kusaikamo

うらやましいような、まねできないような・・

とにかくお疲れ様です。

Book 日本霊界風土記 鹿島

著者:深見 東州
販売元:たちばな出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »