2006年4月22日 (土)

運賃値上げ

「うんちん」

子供の頃は高度成長時代。インフレだった。
毎年のように交通機関の運賃が値上げしていました。

夕食時テレビニュースをみるとアナウンサーがまじめな顔で

「うんちんねあげ」と言っているぢぁあ あぁりませんか。
子供が大好きな言葉「うんち」と「ちんちん」のコラボレーション。しかも言っているの七三わけのメガネをかけたまじめなアナウンサー。
反応しないわけがありません。

「うんちんねあげ。うんちんねあげ。」とひとり大きな声をあげてはしゃいでいました。
一緒に夕食を食べている周りの大人たちは無視を決め込んでおりました。

相手の反応がないと余計がんばってしまうのが子供の常。

さらに声をはりあげて「うんちんうんちん」と叫びつづけておりました。oh 恥ずかしい。

ワールドメイト会員のワールドメイト的日常の画像

そういえばちんちん電車にも大いに反応しておりました。

最近は「運賃値上げ」ってあまり聞きませんね。

みんなうんち Book みんなうんち

著者:五味 太郎
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1)

2006年3月23日 (木)

あやまって~に落ちる

子供のころテレビで
「あやまって崖から転落しました」
というニュースが流れてきたとき、私は
「謝って崖から転落しました」
ということだと勘違いしていた。

ここからいつも私の妄想が始まる。

Ganpekiimage

崖の淵で向かい合う二人・・・
多分日本海。岩にぶつかる波の音と強風。
1人が深刻な顔で何度もなんども頭を下げて謝っている。
「ごんなさい。ごめんなさい。」
何回も頭を下げているとバランスをくずして崖から落ちていく。
「あ゛ー」
この人は謝ったばかりに崖から落ちてしまった・・・

どんなに自分が悪いことをしても崖なんかで誤っちゃいけないと思っていました。

今でもニュースで「あやまってプラットホームから転落」とか流れると
どうしても子供の頃の妄想が頭によみがえってきます。

皆さん、足場の悪いところでは謝っちゃいけませんよ。危ないから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)