2006年8月15日 (火)

お盆の大救霊

ワールドメイトでお盆の大救霊を受けました。

大救霊とは深見先生が何千人という申込者に対していっぺんに救霊をお取次ぎする秘儀です。

Furin_ame
物実:月光観世音菩薩飴と菩薩の仏声風鈴

今回は待ち時間が長すぎて、待っている間充分眠ってしまいました。そのおかげで、いつもお取次ぎのときには眠ってしまう私ですが、今回は一部始終を聞くことができました。

先生曰く 三年に一度あうかどうかのすごい怨念霊がいたそうで・・

6人の武士がいたのですが、

実は山伏の霊が化身したもので、他のたたり霊を操っていたのです。

さらにそのリーダー格は見つからないように石に化身して身を隠していました。

深見先生が次々と見破り、たたり霊になったいきさつやなぜこのような運命になったかを説明し、改心するように説得していきます。

たぶん新しい会員さんに憑いていたのが許されたのでしょうとの事。

私が説明してもなんか間か抜けていますが、まさに「神霊界―現実界を支配する法則をつかむ 」や「神界からの神通力」 にある除霊の場面をライブで見させていただいているようでした。

怖かったです。どうも山伏が深見先生に技をかけてくるようで苦しみながらお取次ぎをしていました。

不謹慎な言い方かもしれませんが、たたり霊がたたるにいたるいきさつや、そのたたり霊におきた不幸の元となった前世に何を犯したのかを説明は、下手なドラマなんかより断然おもしろいです。「なるほどぉそういう理由だったかぁ」

山伏のように生前霊能力を磨き、修行していた者がたたり霊になると、なかなか救済は難しいそうです。

ワールドメイトの救霊は言霊救霊(ことだまきゅうれい)といって、簡単にいうと霊になぜそのような運命だったのか、どうすれば救われるかを和歌や唄やお話をして説得するものですが、今回も先生は何時間も休み無く話し続けておりました。

妻が当日朝、腕にアトピーのような赤いぶつぶつが突然でたのですが、大救霊が終わったときにはすっかり治っていました。

神霊界―現実界を支配する法則をつかむ Book 神霊界―現実界を支配する法則をつかむ

著者:深見 東州
販売元:たちばな出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

支部で救霊受けると

私が入会した頃は救霊を受けたければ東京などの大都市に行かなくてはなりませんでした。

ワールドメイトの救霊は新幹線に乗って
救霊は新幹線に乗っていくんだというイメージがありました。

自分にとっては一大イベントだったのです。
西荻窪のエスポワールとかいっただけで受付のおねーさんも大歓迎! 抹茶や和菓子が出るし。

救霊が終わると「お疲れ様でしたー」などと言われ、紅茶とか出してくれて、それはそれは大切にしてくれました。

私の妻なんか救霊に行ったときに出された、抹茶と和菓子をいただいて、「ここはなんていいところなんだろう」と思ったそうです (^^;

しかし、今では支部に救霊師さんがいるため近くの支部で救霊を受けています。

エスポワールで受けたような歓迎はないですねぇ。(^_^;

救霊の日常化が進んでおります。寄付御玉串も安くなったし・・・

救霊は最低でも年に一度、できれば半年に一度受けたいですし、近くで受けられるようになったのはいいですね。



たとえ最寄の支部に救霊を申し込んだとしても、その日に支部に行くまで誰がお取次ぎするのか分かりません。

同じ支部の人ですので、だいたい知っている人にお取次ぎしていただくのですが、これがまた照れくさい。救霊師さんはスーツとか着てびしっとしてるし・・こちらは普通の服ですが・・

Sofa
救霊はソファに座って楽にしてください。
救霊のイメージっていうとソファですな。

いつもはバカ話とかしてるのに、カルテを見てお互い急に敬語になったりして。

お見合いにいったらよく見ると相手は知り合いだったみたいな感じでしょうか?

そういうのがいやで遠くの支部に救霊を申し込む方もいるようです。

さすがに救霊師の資格を持っているだけあって、いつもは冗談言う合う仲の人でも、救霊のお取次ぎ前はかっこよく見えますね。

Book 不運の原因 霊を救え

著者:霊厳院崇皇
販売元:たちばな出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

もしも救霊に興味がある方はこの本をお勧めします。深見先生のお弟子の救霊師さんが書いた本です。

| | コメント (0)

2006年4月 9日 (日)

心臓のチクチクがなくなった

深見東州先生がお取次ぎする、大救霊で特別篇である井戸霊の救霊を受けたことがあります。

深見東州先生の大救霊とは一度に何百人、何千人の救霊をするものすごい秘儀です。私は近所の支部で衛星放送で参加しました。

井戸霊とは文字通り井戸に棲んでいる霊です。昔は井戸はそこかしこにありましたが、水道の普及に伴いたくさんの井戸が埋められました。今までは必要とされ大切にされていた存在なのに、必要がなくなったらといって埋めるなんて・・そこに棲んでいた井戸霊は行き場を失い、怒り狂って埋めた人を祟るそうです。

だいぶ前のことなので受けたときにどうだったかは覚えていません。しかし、井戸霊の救霊を受けた後、心臓の辺りがたまにチクチクしていたのがまったくしなくなったのです。

母方の祖母は心臓の大病を患って、入院したことがあるそうです。祖母に憑いていたのが僕のところにも憑いていたのでしょうか?

井戸霊はじめとする霊については「神界からの神通力」に詳しく書かれています。

Book 神界からの神通力

著者:深見 東州
販売元:たちばな出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

図解 神界からの神通力ノート Book 図解 神界からの神通力ノート

著者:深見 東州
販売元:たちばな出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

恋人と別れた人

支部のAさんはワールドメイトに入会して救霊を受けた後、付き合っていた彼と別れてしまったそうです。彼女にしてみれば思い当たる節はないようです。

そのタイミングからいって救霊の証以外に考えられません。

その彼という人がどんな人かわかりませんが、救霊をした結果、たたり霊とかの悪霊が救われ、邪魔をする存在がなくなった分、守護霊や神様が強く守護できるようになり、その彼と別れるさせたのではないかと思います。きっと神様から見れば両方にとって良くない縁だったのでしょう。

ありますよねぇ。はたから見ていると「何で付き合っているの。ぜんぜんお似合いじゃないよ。」と思えるようなカップルが。本人たちは燃え上がっていてなかなか気がつかないんです。

その子は何年かして、支部の人と幸せな結婚をしました。今では子供をつれて支部に来ています。良かったですね(^^).

救霊を受けると一見悪いことが起こったり、つらい状況に陥ることもあります。でも後から見るとこれでよかったなぁと思えることが多いですよ。

救霊すると絶対に彼と別れるとか離婚してしまうということではないですから早とちりしないでくださいね。あくまでもこのような人がいたということです。

実は私。救霊を受けたときに恋愛相談もしまして、救霊師さんのアドバイスどおり実行したら結婚できちゃったんですねぇ。

恋愛運向上には「恋の守護霊」をオススメします。もちろん私も何度も読みました。未婚の女性だけでなく、既婚の女性にも、あるいは男性にもおおいにオススメします。

あなたを強運にする恋の守護霊 Book あなたを強運にする恋の守護霊

著者:植松 愛子,深見 東州
販売元:たちばな出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月27日 (月)

救霊について

ワールドメイトでお取次ぎする救霊について

以前テレビで見たのですが、いかにも厳しい修行を積んだお坊さんが除霊を行っていました。
エィ!
すごい気合で一瞬で終わりました。

ワールドメイトの救霊も、受ける人から霊を取るという点では同じですが、内容がまったく違います。
人に憑いている良くない霊に対して語りかけ、改心してもらい、本来いるべき霊界に帰っていただくのです。そのためお取次ぎも一時間から二時間かかることが普通です。時間かかりますね。(^^;

たとえでいうと北風と太陽の寓話のようであります。

■一般的な除霊は北風。
行者さんの気合と念力で霊を払います。霊も怖いので一時はどこかにいなくなりますが、しばらくすると戻ってきます。

■ワールドメイトの救霊は太陽
まず、救霊師さんが神様、仏様をお呼びして、これらの神様仏様と一体となりお取次ぎをします。
そして霊の痛みとか苦しみを取り除いてもらい、霊界の法則や、どうして成仏できないかを説明し、霊が納得して、本来いるべきところに帰っていきます。
霊が納得し、改心しているゆえに、後から戻ってくるということがないのです。
すなわち、救霊を受けた人も、霊自身もハッピー。

どちらがよいと思いますか?

たぶんお玉串 (たまぐし - ひらたくいうと料金のこと)  も 相場 (ってあるのかな) に比べるとすごく安いんじゃないかと思います。
会員でなくても申し込めます。

救霊に興味があればぜひご一読を

Book 大除霊―瞬間に開運できる

著者:深見 東州
販売元:たちばな出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

その昔救霊は除霊と呼んでいましたが、後になって霊を取り除くのではなく救済するので救霊と呼ぶようになったようです。本のタイトルは大除霊とありますが、これはそのときの名前の名残だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)