2006年6月11日 (日)

姓名判断1

ワールドメイトで行う姓名判断は一風変わっています。

どこが違うかというと画数よりも音を重視するんです。

普通に生活していれば人の名前は書くことよりも呼ばれることが圧倒的に多いので、そちらのほうが現実的かなとも思います。

以前「あ~なんていい話なんだセミナー」という、ワールドメイトの支部で行う小規模のセミナーがありまして、その日来ていた講師が姓名判断ができる人でした。支部にいた双子の一人が名前のワンポイントの鑑定を受けました。この双子。生まれた時刻が一分違い、しかし外見や性格がぜんぜん違い双子に見えない感じでした。気学とか四柱推命などの占いでは1分 の生まれ時刻の違いではまったく同じ鑑定内容となってしまうはずです。

ここで双子の二人の名前をひらがなで紙に書いて診てもらったところ、二人の違いがずばりと的中していました。二人並べてみれば外見から占うこともできるのですが、一人しかいませんでしたし、講師の先生はとくに考える様子もなくすらすらとお話されていました。
「弟さんのほうがお母さん子」とか、「お兄さんのほうが物腰が柔らかで外交的。人の話は聞いているようで聞いていない」、「外から見るとぜんぜん性格が違うように見えて、実は内面的には二人とも頑固で似ている」とか、ずいぶん前のことなので細かいことまでは忘れましたが、本人も周囲の人も驚いておりました。ワールドメイトに降ろされた姓名判断のすごさを実感したしだいです。

子供は親の因縁を受け継ぐのですが、理由なく受け継ぐわけではなく、自分がそのような因縁を持っているからそのような親の元に生まれてくるそうです。

ワールドメイトの姓名判断イメージ

そして、名付け親がつける名前はその親が持っている因縁を色濃く反映している名前をつけてしまうようです。たとえば色情因縁を持っている親の子は色情因縁のある子供を生み、色恋沙汰で問題が出やすい名前を自然につけてしまうとか。

この名前も生年月日や苗字との関係があるので一概にどの名前が良い、悪いというのは言えないようです。

先ほどの双子の場合、本人の本来持っている因縁とか徳分にぴったりの名前を無意識のうちに親がつけてしまっているのではないかと思うのです。

ここで名前を意図的に変えることで、運命を良い方向に変えていくことができるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月12日 (水)

気学

気学という占いをご存知ですか?
これは開運方位学です。生まれてきた年、月、時刻によりその人の星が決まります。

たとえば一白水星とか二黒土星とか。

これによりその人の運勢や性格がわかってしまうのです。

ワールドメイトの占い師さんに聞いたのですが、この占いのすごいところは開運のための方法が示されていることだそうです。

簡単にいうと吉方位旅行や吉方位に引越しすることで開運ができるのです。

私も二度ほど吉方位旅行に行ったことがあります。はじめはは南西の方位へ海外旅行に行きました。

そのときなぜか、勤めていた会社の社長も東の大吉方位を偶然とっていました。さらに専務が同じく南西の大吉方位に出張となりました。

ワールドメイトの気学イメージ

そうするとしばらくして会社が忙しくて忙しくて大変なことになりました。
会社は儲かってよかったと思うのですが、10人そこそこの会社で大吉方をとった人が三人、しかも社長と役員いるので、これにより会社の運気が大いに上がったのではないかと思います。

2006年4月はちょうど気学で使う年盤と月盤がまったく同じになります。こういうときに吉方位へ旅行すると良い影響が強く出てきます。開運したい人には吉方位旅行をオススメします。

ご注意いただきたい点は方位というのは吉方位より悪方位というものが多いそうです。特に子供には小児殺といって子供に良くない方位もあります。私のワールドメイトの友達で吉方位旅行をしたつもりが実は悪方位だった人がいました。その方は帰ってきてから足を骨折しとても苦しみました。また、方位やその時期により恋愛とか仕事運とか得られる効果が違ってきます。
知識がないうちはきちんとした気学師に鑑定していただくのが無難です。特に今のように年盤と月盤が重なっているときは吉方位の影響も強く出ますが、同様に悪方位の影響も強烈にでます。
ワールドメイトのどこの支部でも気学鑑定できる人はいると思いますので相談できるとおもいます。

気学について知りたい方は深見先生の本をぜひ読んでください。
じつは深見東州先生は気学の大家でもあるんですねぇ。

ネコにも分かる気学入門 Book ネコにも分かる気学入門

著者:深見 東州
販売元:たちばな出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)