2006年7月31日 (月)

ブラインドの皆さん

今日「ブラインド(視覚障害者)の皆さん、外へ出てゴルフをしよう! 」を読み終えました。

かんどーしました。

知らない人のために・・
深見東州先生は半田晴久が本名です。
深見東州はペンネーム。昔は深見青山というペンネームでした。

ブラインドゴルフも当初は深見東州(深見青山)の名前で活動されていましたが、いまは半田晴久の名前で活動しているみたいです。

ブラインドゴルフとはその昔「盲人ゴルフ」とも呼ばれておりまして、視覚障害者がキャディーのアシストを得て、健常者とほとんど同じルールでプレーするものです。健常者が障害者を一方的に助けるのではなく、ともに一つの目標に向かって挑戦し、喜びを分かち合うことが画期的な福祉活動です。

深見東州先生、この本では脇役に徹しており、ブラインドゴルフの歴史やブライドゴルファーや女子シニアプロの紹介が中心の本です。

あたかも一つのドキュメンタリー映画を見ているような感じがします。

静かに抑えた語り口で、淡々と事実やエピソードを積み上げていきます。ギャグもきわめて抑え目。何人かのブラインドゴルファーがプレイする様子がありましたが思わず泣いてしまった。

ここまで来るのに約二十年。苦労は視覚障害者を受け入れてくれるゴルフ場の確保ぐらしいか書かれていませんが、いろんな苦労があったと思いますよ。どの世界にも気難しいひとがいるだろうし、そーんなに簡単にはいかないでしょうね。

ブラインド(視覚障害者)の皆さん、外へ出てゴルフをしよう! Book ブラインド(視覚障害者)の皆さん、外へ出てゴルフをしよう!

著者:半田 晴久
販売元:たちばな出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

昨年から女子プロのシニアとブラインドゴルフのジョイントイベントが行われているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

はくしょん

ハクション大魔王のコショウ

なぜか瓶入りと袋入りがあります。

詰め替え用でしょうか?

おまけなのに詰め替え用って・・

ハクション大魔王袋コショー

ハクション大魔王

一番上にはこんなせりふが・・

「嬉しい事があったら、顔をクシャクシャのクシャミして喜びます。
いやな事があった時は、過去を決してクシャミません。」

この感じ。深見東州先生が考えたので間違いないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

ハクション

うちにハクション大魔王のコショウがあったのでアップします。

ハクション大魔王コショウ
ハクション大魔王・クシャミキャンペーン

もちろんたちばな出版のおまけです。

クシャミのキャンペーンというのはどのようなキャンペーンなのか良く分かりませんが、おまけだから何でもうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月19日 (金)

ラジオ番組

たちばな出版のサイトで深見東州先生のラジオ番組が聞けました。

FM番組、深見東州コメンテーター「さわやかThisWAY」
たちばな出版のサイトより引用

http://www.sales.tachibana-inc.co.jp/fm/index.html

サイトの説明には

たちばな出版提供番組

FM番組、深見東州コメンテーター
「さわやかTHIS WAY」が、パソコンで聴ける。
(前回の放送分)

となっていますが、更新は月イチみたいです。

FM番組、深見東州コメンテーター「さわやかThisWAY」のサイト画面playerイメージ 
パソコンで再生してるところ

さわやかTHIS WAYは長寿番組ですねぇ。私がワールドメイトに入会した93年にはすでに放送していました。その頃はセイザンTHIS WAYでした。改名を機に名前が変ったんでしょうか。
トーシュウTHIS WAYではなくさわやかTHIS WAYなのはまた改名することを見込んでいるのかなぁ。それとも姓名判断でイマイチだったのか?

残念ながらワールドメイトの会員さんでもさわやかTHIS WAYを聴いている人は少ないような・・支部でも全く話題になりませんね。私も聞きたいと思いつつ毎回忘れています。

他にも深見東州先生がでているラジオでハートのプラネタリウムという番組もありました。この番組はなくなりましたねぇ。アイドルとかのゲストを招いて前世鑑定もしていたと思いました。

たちばな出版がスポンサーですが、そのたちばな出版のCMがすっかり芸術的だったり格調高かったりします。

昔はこてこてのCMが多かった。

例えばロシア民謡の一週間のメロディーで

月曜日に強運よんで~
火曜日に恋人できた~

みたいなCMでした。
(歌詞はほとんど覚えていないので適当。こんな感じの歌詞だったいうことで)

個人的にはこてこてのCMのほうが好きなんですけど。

ラジオではいまの深見東州先生の声が聞けます。昔はもっと金属的な声で早口だったんですけど、低くてやわらかい声になっていますね。

今回記憶があやふやなところが多く間違っているところ多いかも (-o-;

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年4月23日 (日)

プレゼントしにくい本

深見東州先生の著書でもっともプレゼントしにくい本を一冊ご紹介。

タイトルはずばり死ぬ十五分前に読む本

親にプレゼントしたら殴られるかもしれません。
医者から渡されたらもう助からないということかもしれません。

ユニークな書名ということでどこかの賞に入賞したそうです。

しかし、内容はすごくいいんですよ。
死んだ後万が一地獄に落ちたらどうしたらよいかということが書かれています。
世の中で死なない人はいないので万人にオススメできます。

決して自殺を奨めているわけではありません。
この本を読んだら15分後に死ぬということもありません。(^^;

美しいイメージ写真とともにゆったりと読んでください。

本当に15分で読めますが、内容は一生物。というよりあの世に行ってまで使えます。
あの世ではこの世とは勝手が違うようです。
死んだらこうなるんだと思って覚悟を決めれられたら、死が近くなっても落ち着いていられるかも・・

深見東州著死ぬ十五分前に読む本 (←たちばな出版webページより引用)

Book 死ぬ十五分前に読む本

著者:深見 東州
販売元:たちばな出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0)

2006年4月20日 (木)

ブラックバス

この変なバス。ブラックバスといいます。天井の上にあるのはルアーにかかった巨大なブラックバスのオブジェです

ワールドメイトブラックバス
これは深見東州先生が考案しただじゃれバスで、全部で三台あります。それぞれの名前は以下のとおり。

  • ブラックバス
  • コントラバス
  • ぶっとばす (仏の頭すなわち仏頭[ブット])が乗っているようです。

ブラックバスとコントラバスは見たことがあります。しかし、ぶっとばすは見たことないです。

どこに行ってもこのバス、注目の的でしょうねぇ。

ワールドメイトブラックバス

後ろから見ると尾びれが動きそうです。細部まで凝っています。

ワールドメイトのブラックバス

携帯のカメラで撮ったので不鮮明ですが、横の絵も味わいがあります。
ブラックバスの口にぐっと来ます。

写真では見えませんが、バスのフロント部分にはルアーの形をしたオブジェで「ブラックバス」と読めるように並べてあります。こてこてでんな。

世の中でだじゃれでこういうバスを思いついた人はいるかもしれません。しかし、これを本当に作ってしまったのは世界で深見東州先生が初めてではないでしょうか。(しかも尾ひれまで動く)

こういう車を作ってくれるところがあるというのもすごいですが、こういう注文を出す人もすごいと思いませんか?

私もいい年こいたおっさんですが、一度は乗ってみたい。
どうしたら乗れるのだろうか?

乗ってみたいと思いません?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

新聞にでていた?

4/15付けの静岡新聞に視覚障害者のゴルファーと女子シニアによる プロアマチャリティートーナメントを報道していました。

http://www.shizushin.com/local_east/20060415000000000047.htm

一番左は深見先生の新聞記事写真 

新聞の記事には書かれていませんが、左端の人物は深見東州先生で間違いないと思います。

半田会長(深見東州先生)は日本のブラインドゴルフ(視覚障害者によるゴルフ)の父と呼ばれているそうです。

僕が入会した頃からブラインドゴルフのお話は時たまされていました。最初はずいぶん規模も小さかったようですが、だんだんとゴルフをする視覚障害者も増えてきたようです。日本における女子シニアのゴルフトーナメントというのも半田会長の発案のようです。

視覚障害者のゴルファーと女子シニアによる プロアマチャリティートーナメントは昨年からやっていますが、ブラインドゴルファーにとっては憧れの女子プロと一緒にゴルフができて大変感激し、女子プロにとっては初めてブラインドゴルフを目の当たりにして、感動しているようです。

会場の太平洋クラブ御殿場コースってすごい名門コースみたいですね。

深見先生がブラインドゴルフの本を出しています。もうそろそろ書店に並ぶようです。

ブラインドの皆さん、外へ出てゴルフをしよう! Book ブラインドの皆さん、外へ出てゴルフをしよう!

著者:半田 晴久
販売元:たちばな出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

※アマゾンの書籍紹介が画像付になったので、変更。(4/24)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月17日 (月)

静岡新聞に出ていました。

少し前になりますが、静岡新聞のサイトに2006/04/11付けで深見東州先生が掲載されているのを見つけました。

本名の半田晴久で出ていますが。

http://www.shizushin.com/local_sports/20060411000000000018.htm

記事によると

御殿場市の太平洋クラブ御殿場コースで開かれる全米女子プロゴルフ協会公認シニア競技「ワールドシニアゴルフレディースオープン選手権」の出場予定選手らによる懇親会が10日、都内で開かれた。

この記事の写真はその模様のようです。

静岡新聞に掲載されたのでしょう。

女子プロとあったので一瞬女子プロレスかとおもったらプロゴルフだったのね。

ワールドシニアオープンレディース

ところでこのワールドシニアゴルフレディースオープン選手権のシンボルマーク。
深見先生が描いたんじゃないかなぁ。この富士山の感じ。

間違っていたらゴメンナサイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

深見先生と俳句

深見東州先生はたくさんの句集を出しています。

中でも今は亡き母上を詠んだ句や、自然を見た感動をそのまんま表現している句が好きです。私の母親がなくなったらこんな俳句詠えるかなぁ。

二首ほどあげると・・

「布団はね 尻叩きたる 母はなし」

「芋虫が揚羽の蝶になるなんて」

きっとワンパクだったであろう深見先生の少年の頃が目に浮かんでくるようです。子供のころはさぞかしお母さんを困らせ、心配させたのではないでしょうか?

俳句は深見東州先生の紹介サイトにもありますのでぜひご覧ください。

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Hemingway/1804/

http://www.fukami.com/profile/haiku.html

句集として販売もしているので紹介します。

父よ母よ、僕は元気です Book 父よ母よ、僕は元気です

著者:横井 隆和,深見 東州
販売元:たちばな出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

風はグリーンに吹いてきて Book 風はグリーンに吹いてきて

著者:横井 隆和,深見 東州
販売元:たちばな出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

こんな題名の句集もありました。プリティー

冬の山、ホワイトチョコをかけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

瞬間に邪気がはらえるレコード

私がワールドメイト入会する前では定例講演神業(定例セミナー)でご祈願コーナーというものがあり、セミナー中にお祭りがとりおこなわれていたようです。

その模様を録音したのがこのCD

Book 瞬間に邪気がはらえるレコード[CD]

販売元:たちばな出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

なんとamazonで売っている・・
会員限定かと思っていました。

高いのでちょっとためしに購入というわけには行きませんね。(^^

私は支部に行くようになってすぐに購入しました。

この録音は平成元年。今では定例講演神業は衛星放送されているので近くの支部にいけば参加できますが、入会当時は参加しようとすると開催地(主に関東)に行かなくてはなりませんでした。私が定例講演に参加した頃にはすでにご祈願コーナーはありませんでした。ご祈願コーナーに参加したかったなぁ。

内容は神社でご祈祷を申し込むとしていただくご祈祷と同じで、伝統的な神道のやり方です。深見東州先生が斎主を務めています。

  • お祓い
  • 神笛奉奏
  • 祝詞奏上
  • 神鈴の儀

これらは全く台本を見ることなく即興で行われます。
これはすごい。
全く途切れることなく様々なことを細やかに細やかに美しいしらべの祝詞にし、神様に言上しております。以前深見東州先生は「普段から神様にこのようにお祈りしているのです」というようなことをおっしゃっておりました。
これだけ長く即興で祝詞をあげられるのは深見先生しかいないのではないかと思います。

ワールドメイトで行われる様々な神事でもこの神道式祈願は必ずといっていいほどとりおこなわれます。

いつもの神事ではそこに出てくる神様や神業のテーマにより祝詞の内容は変わります。時にはオペラのように唄い、独特の節回しで唄い、あるいは能のように厳かな謡いになることもあります。

神事に参加する楽しみ ( 不謹慎? )に深見先生が奏上する祝詞を聞くこともあげられますが、ほとんど私は祝詞のところで眠ってしまいます。あまりに雑念か多いので神事の邪魔にならないように守護霊に眠らされているかもしれません。あーまた聞き逃した。と毎回悔しい思いをしています。

※※このCDをかけながら窓を開けてお部屋の掃除をすると、目に見えない悪いものも同時に祓われて良いらしいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)